奈良周辺の日帰り温泉、お出かけスポットやグルメ情報などを紹介できたら良いかも~と思っています
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:13:40

南都7大寺の一つ、元興寺は平城京遷都の際、蘇我馬子が飛鳥に建立した、日本最古の仏教寺院「法興寺」が前身のお寺。
元興寺 元興寺本堂とシラン
曽我一族の勢いが中世には衰退したこともあってか寺勢も衰え、また、大火で堂宇が消失したこともあって、現在は奈良町界隈に「元興寺極楽坊」(真言律宗で西大寺の末寺)と「元興寺塔跡」(※ 華厳宗で東大寺の末寺)、そして小塔院跡、十輪院等が大寺の名残りとして点在しています。
しび 宝珠
稲荷さん 牡丹と稲荷社
元興寺塔跡には、大寺だった頃の五重塔礎石が残っています。
元興寺塔跡
こじんまりとした境内にある五重塔の礎石。現存する塔の中で一番高い東寺の塔よりも高かったそうです。
礎石
境内にある燈籠は「啼き燈籠」と云われていて、少し怖い曰くつきのものです

延享年間、今の大丸呉服店、その頃京の伏見に下村家あり。
代わりの燈籠を奉納して古灯篭を申し請いて自宅に運ぶ。
尓来、夜毎家鳴り振動して家人恐れを為し、その音を聞くに燈籠より発したれば、元の如く、ここに安置したりと伝ふ。
啼灯篭
1257年の年号が刻まれた灯篭で、奈良市内で2番目に古い(市内で一番古い年号があるのは東大寺法華堂(三月堂)の石灯籠(重要文化財、鎌倉時代中期 建長六年 1254年) 。昭和19年に地震で倒壊して崩れたままだったものが、平成22年に修復されました。

写真左下 修復跡があちこちにある燈籠
修復跡 あやめ
元興寺塔跡
奈良県奈良市芝新屋町12(地図) P無
9:00~17:00 境内無料

スポンサーサイト

コメント
No title
こんにちは^^
いつも感じていますが本当に素晴らしいです!
歴史に思いを馳せながらゆっくり歩いてみたくなります^^
サクランボを頂けて幸せですね~♪
我が家も少し収穫して残りは鳥にあげました(笑)

沙羅朋│URL│2011/05/23(Mon)11:55:00│ 編集
Re: No title
>沙羅朋さん

お寺や神社、仏像って由来を知って改めて見ると結構楽しめます。
小塔院跡には、ご高齢の元気なおばあさんが居られて、サクランボの時季に行くと境内で写真を撮りながらお話しできるのも楽しみなんです^^

naraspa│URL│2011/05/23(Mon)22:01:58│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://naraspa.blog41.fc2.com/tb.php/815-7fabf8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
フリーエリア
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

おでかけランキング
トリップアドバイザー
奈良の観光ホテル口コミ
別館 奈良麺類図鑑の記事RSSです。
別館では、奈良の麺グメルと家で作った麺料理を紹介します。
Powered by RSSリスティング
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
73位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンクして頂いているブログ
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上手く撮れた写真は有効活用してね
お気に入りの写真を登録すれば貴方もクリエイターになれちゃいます
写真素材 PIXTA
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。