奈良周辺の日帰り温泉、お出かけスポットやグルメ情報などを紹介できたら良いかも~と思っています
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:00:00

長谷寺と初瀬川を挟んだ与喜山の中腹には、大きな銀杏の木が目立つ素盞雄(すさのお)神社があります。銀杏全景 銀杏鳥居
境内に掲げられた社伝によると、「948年(天暦2年)神殿大夫武磨(こうどのたいふたけまろ)が菅公(菅原道真)の霊を与喜天満宮に祀ったとき、与喜山は天照大御神降臨の山だから、その弟神、素盞雄命の霊を鎮めなければならないといい、ここへ社殿を構えた」のが始まりとのこと。
地元では、疫病除けの神様「牛頭天王」(愛称は、ごってらさん)が祀られる神社として親しまれていたそうで、明治になって全国に出来た素盞雄神社の一つらしいです。
写真左下 拝殿  右下 與喜(与喜)天満神社
拝殿 与喜天満宮
境内の銀杏の木は、正式な呼称は「初瀬のイチョウの巨樹」。

また、長谷寺のパンフレットには別称として「玉鬘の大銀杏」と記される大木で県の天然記念物に指定されています。
銀杏と鳥居0
実の成らない雄株で、樹高は約40m、板張り南北約23m、東西約21m、目通り周囲約7.15m、樹齢は神社創建とされる1060年とも言われていますが科学的な推定では800年位。イチョウの巨樹としては、県下最大だそうです。
幹南側 幹北側
初瀬川を挟んだ境内からは、長谷寺を望めます。
銀杏の歯と仁王門
一言主神社の乳イチョウや御杖村のラッパイチョウと並ぶ巨樹の黄葉を一目見ようと長谷寺へ行っのですが、ほんの数日前、吹雪の様にほとんど散ってしまったそうです。
銀杏落ち葉

銀杏看板 手水舎
銀杏狛犬

素盞雄(すさのお)神社
奈良県桜井市大字初瀬字与喜下79 (地図) P無

スポンサーサイト

コメント
No title
黄色のジュータンに鳥居の影がいい感じでございますv-218

エボる│URL│2010/12/01(Wed)21:30:15│ 編集
Re: No title
>エボるさん

いつも、ありがとうございます^^/

naraspa│URL│2010/12/01(Wed)23:24:47│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://naraspa.blog41.fc2.com/tb.php/673-b62bf383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
フリーエリア
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

おでかけランキング
トリップアドバイザー
奈良の観光ホテル口コミ
別館 奈良麺類図鑑の記事RSSです。
別館では、奈良の麺グメルと家で作った麺料理を紹介します。
Powered by RSSリスティング
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
65位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンクして頂いているブログ
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上手く撮れた写真は有効活用してね
お気に入りの写真を登録すれば貴方もクリエイターになれちゃいます
写真素材 PIXTA
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。