奈良周辺の日帰り温泉、お出かけスポットやグルメ情報などを紹介できたら良いかも~と思っています
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:39:41
第65回 正倉院展が奈良国立博物館で行われています。
正倉院展とは、東大寺正倉院に保管されている宝物や仏具、経典、武具、古文書などを展示するもので、特に東大寺を総国分寺として建立した聖武天皇のお后であられた光明皇后が、天皇ご遺愛の品を49日にあたる日に東大寺大仏に献納された品々が特に人気があるようです。

正倉院展

週末や最終日間際等は一の鳥居近くから長蛇の列になることもありますが 、平日の三時以降だと比較的スムースに入館出来る事が多いです。

ショ―ケースや壁面に各出展物の拡大写真や説明が掲示されていますが、じっくりと観賞したい方には美術館用 ギャラリースコープや エントランスで貸し出しされている有料の音声ガイド(※500円 詳しくはHPでチェックしてください。)の利用がお勧めです。
正倉院展 テント
屋外には飲食休憩のできるブースも設けられています。

チケット
ポスターやチケットに印刷された23年ぶり二度目の出陳となる漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)や聖武天皇ご遺愛の平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)が今年の主役だそうです。
ちなみに、なら仏像館へは、正倉院展開催期間中なら別日でも入館できます。

奈良国立博物館
第65回 正倉院展(奈良国立博物館HP)

当日券1000円 正倉院展と仏仏像館および青銅器館の展示も観覧可
オータムレイトチケット700円※閉館の1時間半前より販売する当日券
スポンサーサイト

コメント
私も行きます!
こんにちは。
ここ数年は毎年正倉院展に出掛けていますが、
ほんとにいつもすごい人の列ですよね。

あまりに混み合っているので小さな展示物などは全く見えず、
パネルを見て済ますこともよくあります(>_<)

ところで、早朝奈良公園に行かれることが多いようにお見受けしますが、
その頃鹿さんたちは何をしているのでしょうか?

人気のないところで、鹿さんたちに囲まれたらどうしよう、
などとビビッています。

まつよぐさ│URL│2013/11/01(Fri)14:21:32│ 編集
Re: Re: 私も行きます!
> > まつよいぐささん
>
> ご心配なく^^
> 餌を持ち歩いていると鹿に囲まれますが、カメラしか持っていないので逃げられることはあっても囲まれることはありませんです^o^

naraspa│URL│2013/11/01(Fri)22:53:02│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://naraspa.blog41.fc2.com/tb.php/1304-5595791a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
フリーエリア
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

おでかけランキング
トリップアドバイザー
奈良の観光ホテル口コミ
別館 奈良麺類図鑑の記事RSSです。
別館では、奈良の麺グメルと家で作った麺料理を紹介します。
Powered by RSSリスティング
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
70位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンクして頂いているブログ
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
上手く撮れた写真は有効活用してね
お気に入りの写真を登録すれば貴方もクリエイターになれちゃいます
写真素材 PIXTA
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。